阪堺電車 モ601形電車は廃車部品を流用

1996年に登場
阪堺電気軌道 モ501形電車
2018年9月7日 我孫子道 写真:こぱふぅ
阪堺電気軌道モ 601 形電車は、1996 年(平成 8 年)から 1998 年にかけ、7 両が東急車輌製造で製造された路面電車である。
車体設計はモ 701 形と同じだが、制御装置・ブレーキ・営業機器などは、廃車した車両部品を流用している。
阪堺電気軌道 モ501形電車の大きな写真大きな写真
(1920×1351 ピクセル, 1121 Kbyte)
全長14.4 メートル、車体幅 2.5 メートル、車体高3.7 メートルの全金属製で、重量は 19.0 トン。定員は 70 人である。設計最高速度は 70km/h だが、路線が 50km/h にまでしか対応していない。また、線路の状態が悪いところでは 40km/h も出すことができない。
阪堺電車 関連

参考サイト

(この項おわり)
header