新穂高ロープウェイは日本唯一の2階建てゴンドラ

2020年5月リニューアル予定
第2ロープウェイ - 新穂高ロープウェイ
2019年8月13日 写真:こぱふぅ
新穂高ロープウェイは、北アルプス穂高岳の千石尾根に設けられており、新穂高温泉から西穂高岳へ向かうことができる。1970 年(昭和 45 年)7 月に開業し、奥飛観光開発が運営している。

新穂高温泉駅から鍋平高原駅までの第1 ロープウェイと、しらかば平駅から西穂高口駅の第2 ロープウェイに分かれている。
第2ロープウェイ - 新穂高ロープウェイの大きな写真大きな写真
(1217×1920 ピクセル, 1868 Kbyte)
第2ロープウェイ - 新穂高ロープウェイ
2019年8月13日 写真:こぱふぅ
第2 ロープウェイは、全長2,598 メートル、高低差 848 メートルで、乗車時間は約 7 分。定員は 121 人で、国内唯一の 2階建てゴンドラである。1998 年(平成 10 年)に導入された。
ゴンドラが縦に長いため、鉄塔を通過する度にかなり揺れる。

開業 50 周年にあたる 2020 年(令和 2 年)7 月にゴンドラをリニューアルする予定で、2020 年(令和 2 年)5月 27 日から 7 月 14 日まで運休。関連施設も休業となるので注意。
第2ロープウェイ - 新穂高ロープウェイの大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 2577 Kbyte)
第1ロープウェイ - 新穂高ロープウェイ
2019年8月13日 写真:こぱふぅ
第1 ロープウェイは、全長573 メートル、高低差 188 メートルで、乗車時間は約 5 分と短いが、勾配38 度は日本一とのこと。

しらかば平駅には駐車場があり、ここから第2 ロープウェイに乗る観光客が多い。
日没後は星空観賞便として運行している。
第1ロープウェイ - 新穂高ロープウェイの大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 2842 Kbyte)

参考サイト

(この項おわり)
header