台湾鉄路管理局DR1000型気動車は新世代気動車

日本車輌製造から36両を購入
台湾鉄路管理局DR1000型電車
2019年9月17日 瑞芳駅 写真:こぱふぅ
台湾鉄路管理局 DR1000型気動車は、車齢が60年を超えたDR2100型~DR2400型の置き換えのため、1998年(平成10年)から翌年にかけ、日本車輌製造から36両を購入した。最高速度110km/h。
台湾鉄路管理局DR1000型電車の大きな写真大きな写真
(2560×1879ピクセル, 2464 Kbyte)
全車が両運転台車で、1両編成から数両連結まで弾力的に運用されている。
車内は、当初は転換クロスシートだったが、その後、ロングシートに改装した。

参考サイト

(この項おわり)
header