旭洋丸は災害時にも活躍

平時は松山と呉、広島の3市を結ぶ
石崎汽船 旭洋丸
2019年12月31日 写真:こぱふぅ
旭洋丸は、2019 年(令和元年)10 月 11 日に就航した石崎汽船のフェリーだ。松山と呉、広島の 3 市を結ぶ。瀬戸内海の景色を楽しみながら快適に船旅ができるとして、インバウンドなど観光客の利用増加も狙う。
石崎汽船 旭洋丸の大きな写真大きな写真
(2560×1427 ピクセル, 933 Kbyte)
石崎汽船 旭洋丸
2019年12月31日 写真:こぱふぅ
石崎汽船としては約 30 年ぶりの新造フェリーで、災害時には給水車42 台分を陸上に送水できるほか、停電時には一般家庭 60 世帯分の送電能力の発電機も備える。

石崎汽船 旭洋丸の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1146 Kbyte)
石崎汽船 旭洋丸
2019年12月31日 写真:こぱふぅ
建造費は約 13 億円。総トン数約 875 トン、全長約 63 メートルで、乗用車換算で 35 台を積載できる。旅客定員は従来比 25%減の 300 人とし、客席スペースなどに余裕を持たせた。

参考サイト

(この項おわり)
header