JR東日本 485系は電車区間ならどこでも走れる

直流・交流50/60Hzのすべてに対応

宇都宮線

宇都宮線 485系
2013年9月14日 西川口駅 写真:こぱふぅ
485 系電車は、1968 年(昭和 43 年)10 月の白紙ダイヤ改正に合わせて登場した車両である。
交直両用の電車で、交流 50Hz と 60Hz のいずれにも対応できる。電車区間ならどこでも走ることができる便利な車両である。
宇都宮線 485系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 576 Kbyte)

T18編成

485系 T18編成
2015年5月6日 結城駅 写真:こぱふぅ
485 系 T18編成は、4 灯ヘッドライトのクハ 481-1508 が連結されているのが特徴だ。1500番台は北海道向けの特別耐寒耐雪設計となっている。
485系 T18編成の大きな写真大きな写真
(2560×2387 ピクセル, 2404 Kbyte)
485系 T18編成
2015年5月6日 結城駅 写真:こぱふぅ
2015 年(平成 27 年)5 月 30 日にラストランを迎える。
485系 T18編成の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2020 Kbyte)

ムーンライトえちご

ムーンライトえちご 485系
2013年7月30日 小出駅 写真:こぱふぅ
ムーンライトえちごは、新宿駅と新潟駅間を結ぶ臨時夜行快速列車である。1986 年(昭和 61 年)に運行を開始した。その後に登場する多くのムーンライトの元祖である。
ムーンライトえちご 485系の大きな写真大きな写真
(1600×1760 ピクセル, 742 Kbyte)
ムーンライトえちご 485系
2012年3月30日 新潟駅 写真:こぱふぅ
青春 18 きっぷの利用者にとっては、本列車の下り新潟行きの利用が、白新線・羽越本線・奥羽本線経由で北海道方面に向かう最速経路となる。

快速「くびき野」

快速「くびき野」 485系
2013年7月30日 信越本線 帯織駅付近 写真:こぱふぅ
くびき野は、2002 年(平成 14 年)12 月 1 日のダイヤ改正で、廃止された「みのり」の代替として運行開始した。新井駅と新潟駅の間を 1 日 3 往復、信越本線経由で運行する快速列車である。
快速「くびき野」 485系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 734 Kbyte)
快速「くびき野」 485系
2013年7月30日 信越本線 青梅川~鯨波駅間 写真:こぱふぅ
2015 年(平成 27 年)3 月 14 日、北陸新幹線の金沢駅延伸に伴って廃止された。
快速「くびき野」 485系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 731 Kbyte)
快速くびき野 485系
2012年8月5日 直江津駅 写真:こぱふぅ
快速「くびき野」485系
2011年8月11日 新井駅 写真:こぱふぅ
快速「くびき野」485系の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 514 Kbyte)
快速「くびき野」485系
2011年8月11日 新井駅 写真:こぱふぅ
快速「くびき野」の車内。
485系 関連
(この項おわり)
header