JR北海道 711形 は耐寒耐雪を重視

日本初の量産交流近郊形電車

室蘭本線

室蘭本線 711形
2012年3月29日 富浦駅 写真:こぱふぅ
711 形電車は、徹底した耐寒耐雪機能を考慮して開発された日本初の量産交流近郊形電車で、1968 年(昭和 43 年)にデビューした。2015 年(平成 27 年)3 月に引退。
室蘭本線 711形の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 1324 Kbyte)
室蘭本線 711形
2012年3月29日 富浦駅 写真:こぱふぅ
構体は普通鋼製。客室と出入口を扉で仕切ったデッキを備え、客室窓は二重窓になっており、冬季の車内保温を重視した構造をもつ。

外部塗色は車体全体を赤2 号(えんじ色)、先頭車の前面下部をクリーム 4 号とした配色になっている。

函館本線

函館本線 711形
2014年8月21日 琴似駅 写真:こぱふぅ
こちらは、1985 年(昭和 60 年)から塗装変更された、明るめの赤1 号の地色に、クリーム 1 号の帯を配したもの。その塗装から、「赤電」「赤電車」として親しまれてきた。

引退について

老朽化を理由に、2015 年(平成 27 年)3 月 13 日に営業運転を終了する。ラストランまでは、「さよなら 711 系」という特別仕様のヘッドマークをつけて走っている。

最後の列車は午前 7 時 49 分に岩見沢駅を発車し、同 8 時 38 分に札幌駅に到着する普通列車。入線予定の札幌駅3番ホームでは横断幕を掲げ、半世紀近く道民に親しまれてきた電車の苦労をねぎらう。

参考サイト

711形 関連
(この項おわり)
header