特急「ハウステンボス」783系は最高速度130km/h

愛称は「ハイパーサルーン
特急「ハウステンボス」783系
2016年3月18日 弥生が丘駅 写真:こぱふぅ
783 系は JR 九州の特急用電車で、1988 年(昭和 63 年)にデビューした。愛称は「ハイパーサルーン」。
ステンレス車体による軽量化とブレーキ性能の向上で、JR の在来線として初めて最高速度 130km/h に達する設計となっている。
特急「ハウステンボス」783系の大きな写真大きな写真
(1920×1263 ピクセル, 1304 Kbyte)
特急「ハウステンボス」783系
2008年7月27日 博多駅 写真:ままぱふぅ
1989 年(平成元年)に「鉄道友の会ローレル賞」を受賞した。
特急「ハウステンボス」783系
ハウステンボス」は、佐世保~博多間を運行する JR 九州のエル特急で、博多~ハウステンボス間をおよそ 100 分で運行する。783 系が導入されたのは 2000 年(平成 12 年)のことである。
赤と緑の特徴的な塗装で、グリーン車の設定はない。
特急「ハウステンボス」783系
783系 関連
(この項おわり)
header