JR四国 キハ47形は水色のラインカラー

1977年から製造開始

徳島線

徳島線 キハ47形
2007年7月29日 徳島駅 写真:ままぱふぅ
キハ40系気動車は、1977年(昭和52年)から普通列車用に製造された国鉄の気動車である。1982年(昭和57年)までに計888両が製造され、全国各地の非電化路線に投入された。たいへん頑丈な車体で、現在でもJR各社で活躍している。
徳島線 キハ47形の大きな写真大きな写真
(1600×1200ピクセル, 396 Kbyte)

鳴門線

鳴門線 キハ47形
2007年7月28日 鳴門駅 写真:こぱふぅ
キハ40系気動車は、その構造から、キハ40形キハ47形キハ48形に分かれる。
キハ47形は、片運転台で両開き2ドアである。出力が低く、登坂時には時速30キロを下回るような有様である。鳴門線は勾配が少ないので、現在でも活躍できているのだろう。
JR四国のコーポレートカラーである水色のラインカラーが施されている。
鳴門線 キハ47形の大きな写真大きな写真
(1600×1200ピクセル, 328 Kbyte)
キハ40系関連
(この項おわり)
header