JR四国 7000系はVVVFインバータ制御採用

1990年に登場

予讃線

予讃線 7000系
2007年8月1日 新居浜駅 写真:ままぱふぅ
JR 四国の7000 系電車は、1990 年(平成 2 年)に松山地区電化開業にあわせて登場した直流近郊型電車である。
路面電車を除いた両運転台構造・ワンマン運転対応の電車では日本で初めて VVVF インバータ制御が採用された。

車体の両方に運転台を持つ動力車(7000 形)と、片方だけに運転台を持つトレーラー(7100 形)の 2種類があり、適宜組み合わせて編成される。
(この項おわり)
header