伊豆急行 100系は開業時にデビュー

2019年7月に完全引退
伊豆急行 100系
2000年4月15日 大川駅 写真:こぱふぅ
100 系は、1961 年(昭和 36 年)の伊豆急行線開業時にデビューした。
開業当時の伊豆は高級リゾート地であり、100 系は食堂車やグリーン車を備えた高級列車だった。

1986 年(昭和 61 年)にグリーン車は廃止され普通車となったが、1 両のみ特別車両「ロイヤルボックス」となった。これはリゾート 21 に受け継がれている。
伊豆急行 100系
2000年4月15日 大川駅 写真:こぱふぅ
伊豆急のキャラクタであるイズノスケをペイントした車両が走っている。
老朽化にともない 2003 年(平成 15 年)に引退したが、開業 50 周年記念事業の一環として、2011 年(平成 23 年)に動態保存車両として復活した。
しかし、安全設備の更新に対応できなくなったとして、2019 年(令和元年)7 月の引退が決まっている。
伊豆急行 関連
(この項おわり)
header