伊賀鉄道 860系は近鉄時代の冷房車両

全編成がワンマン運転
伊賀鉄道 860系
2003年11月3日 伊賀神戸駅 写真:パパぱふぅ
伊賀鉄道 860 系電車は、近鉄奈良線の特急車820 系の車体と、南大阪線のラビットカーの台車を組み合わせた車両である。1984 年(昭和 59 年)デビュー。冷房改造を施している。全編成がワンマン運転。

伊賀鉄道(旧・近鉄伊賀線)はローカル色が強く、無人駅が多い。もちろん、「スルッと KANSAI」「J スルーカード」は使用できない。2007 年(平成 19 年)10 月、近畿日本鉄道から伊賀線の営業を引き継いだ。
200 系導入にともない、2012 年(平成 24 年)7 月に引退した。
伊賀鉄道関連
(この項おわり)
header