阪神電鉄 5500系は阪神電鉄初のGTO-VVVFインバータ採用

1995年にデビュー
阪神電鉄 5500系
2013年8月27日 御影駅 写真:こぱふぅ
阪神電鉄5500 系電車は 1995 年(平成 7 年)にデビューした。普通用の車両として活躍中。車体は「アレグロブルー」と「シルキーグレー」のツートンカラーである。
阪神電鉄 5500系の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 754 Kbyte)
阪神電鉄 5500系
2004年2月4日 阪神梅田駅 写真:パパぱふぅ
阪神電鉄として初めて GTO-VVVF インバータ制御装置を採用したほか、LED(発光ダイオード)の車内案内表示装置(マップ式)、非常通話装置、車いすスペース、扉開閉予告ブザーなどを設置している。
1995 年(平成 7 年)に起きた阪神・淡路大震災で普通用車両に被災廃車が出たため、翌年登場する予定だったのを年内のうちに前倒しして登場したというエピソードがある。
阪神電鉄 関連
(この項おわり)
header