阪急電鉄 5000系は1967年に登場

6両編成から8両編成に改造
阪急電鉄 5000系
2004年2月24日 阪急梅田駅 写真:こぱふぅ
阪急電鉄5000 系電車は、神戸線初の 1500V車として 1967 年(昭和 42 年)に登場した。

デビュー当時は 6 両編成で、方向幕も設置されていなかったが、後に 2000 系を中間に連結し、8 両編成となった。方向幕設置工事も行われ、全編成に取り付けられた。
また、2001 年(平成 13 年)の 5010F を皮切りに、車内や前面デザイン・空調機器などを更新した編成も登場している。
阪急電鉄関連
(この項おわり)
header