近畿日本鉄道 16000系は南大阪線初の特急用車両

1965年にデビュー
近鉄 16000系
2004年3月25日 阪阿部野橋駅 写真:パパぱふぅ
近鉄16000 系電車は、狭軌線である南大阪線に 1965 年(昭和 40 年)、初めて登場した特急用車両である。

大阪線11400 系を基本としつつ、南大阪線の車両限界に合わせて最大幅を 2,740mm に縮小、側窓幅を 20mm 拡大して 1,620mm とし、屋根高さをやや低く変更したため窓高さも 50mm縮小して 700mm とするなどの設計変更を行っている。
また、全車とも車端部にデッキは設置されておらず、直接客用扉から客室へ入る構造となっている。
老朽化が進んでおり、1997 年(平成 9 年)から廃車がはじまっている。
近畿日本鉄道 関連
(この項おわり)
header