東武鉄道 8000系の製造数712両は私鉄最多

1963年に登場

東武東上線

東武東上線 8000系
2004年9月30日 下赤塚駅 写真:パパぱふぅ
東武鉄道 8000 系電車は、1963 年(昭和 38 年)に登場した通勤型電車で、1983 年(昭和 58 年)までの 20 年に渡って製造されてきた。

製造車両数 712 両という数字は、私鉄では最大の数を誇り「私鉄の 103 系」とも呼ばれることがある。
1986 年(昭和 61 年)から車体改良工事が進められており、バリアフリーな車内になっている。
2015 年(平成 27 年)1 月に引退することになった。

東武野田線

東武野田線 8000系
2004年12月13日 池袋駅 写真:パパぱふぅ
2004 年(平成 16 年)10 月 16 日に 5070 系が引退したため、野田線のすべての車両は 8000 系になった。

8000 系が搭載しているブレーキは、車輪のレール接触面をブレーキシューで押さえつけて回転力を落とす踏面ブレーキ (とうめんぶれーき) というものだ。ブレーキが作動すると、車輪とこすれ熱せられたブレーキシューから焦げたような臭いが漂ってくる。この臭いが 8000 系の特徴のひとつとなっている。
東武鉄道 関連
(この項おわり)
header