近畿日本鉄道 12200系は大阪万博にあわせ登場

スナックコーナーが拡大
近畿日本鉄道 12200系(新スナックカー)
2013年3月23日 朝熊駅 写真:こぱふぅ
近鉄 12200 系電車は 12000 系の改良車両で、大阪万博にあわせ開発され、1969 年(昭和 44 年)にデビューした。1976 年(昭和 51 年)まで製造され、2004 年(平成 16 年)現在、近鉄特急の最大勢力となっている。
近畿日本鉄道 12200系(新スナックカー)の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 543 Kbyte)
近畿日本鉄道 12200系(新スナックカー)
2013年3月23日 五十鈴川駅 写真:こぱふぅ
2 年前に登場した12000 系(車内でビュフェ営業を行なうための調理コーナーを設けたことから「スナックカー」の愛称がある)の改造型車両である。
近畿日本鉄道 12200系(新スナックカー)の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 794 Kbyte)
近畿日本鉄道 12200系(新スナックカー)
2014年8月12日 伊勢市駅 写真:こぱふぅ
スナックコーナーのカウンターは、12000 系と比較して倍以上の面積に拡大された。
スナックコー名 0 は第20編成まで設置されたが、営業上の問題が多く、それ以降は廃止された。これにともない、当該車両の定員は 8 名増えた。
近畿日本鉄道 12200系(新スナックカー)の大きな写真大きな写真
(2560×2122 ピクセル, 3740 Kbyte)
近畿日本鉄道 12200系(新スナックカー)
2004年10月30日 鳥羽駅 写真:パパぱふぅ
12200 系は、座席のシートピッチは 950mm から 980mm に拡げ、テーブル、灰皿を備えた回転リクライニングシートを採用するなど居住性の向上を図っており、これ以降の近鉄特急のスタンダードモデルになっている。
大阪万博終了後も特急利用客が増加したことを受け、1976 年(昭和 51 年)までに 56編成、168 両が製造された。
近鉄12200系 関連
(この項おわり)
header