小田急線 1000形はオールステンレス車両

小田急初のオールステンレス、VVVFインバーター搭載車両
小田急線 1000形
2014年3月26日 入生田駅 写真:こぱふぅ
小田急電鉄 1000 形電車は、1988 年(昭和 63 年)に 8000 形の後継としてデビューした通勤型車両である。

写真は、箱根登山鉄道で専従運行している「レーティッシュカラー」の車両だ。
小田急線 1000形の大きな写真大きな写真
(1920×1605 ピクセル, 780 Kbyte)
小田急線 1000形
2016年3月5日 小田原駅 写真:こぱふぅ
車体は、小田急として初めてステンレスを採用した。
小田急線 1000形の大きな写真大きな写真
(2560×1161 ピクセル, 994 Kbyte)
小田急線 1000形
2017年2月24日 渋沢駅~開成駅間 写真:こぱふぅ
また、同社初のVVVF インバータを搭載した車両でもある。東京メトロ千代田線への乗り入れができる。
小田急線 1000形の大きな写真大きな写真
(2560×1413 ピクセル, 1675 Kbyte)
小田急線 1000形
2014年6月1日 小田急新宿駅 写真:こぱふぅ
2014 年度から、制御装置更新による省エネ化や LED照明装置への変更など、リニューアルを進めている。
小田急線 1000形の大きな写真大きな写真
(1280×1650 ピクセル, 378 Kbyte)
小田急線 1000形
2004年11月9日 下北沢駅 写真:パパぱふぅ
小田急1000形関連
(この項おわり)
header