京成電鉄 3000形は「人と環境にやさしい鉄道」

バリアフリーや環境に配慮
京成電鉄 3000形
2004年11月13日 馬込車両検修場 写真:パパぱふぅ
京成電鉄 3000 形電車は、2003 年(平成 15 年)にデビューした最新鋭車両である。
「人と環境にやさしい鉄道」をモットーに外観、室内デザインを一新し、バリアフリーや環境に配慮している。
6 両編成と 8 両編成が存在する。

京成本線のほか、押上線、千葉線、千原線、都営浅草線、京急本線、空港線、北総鉄道、芝山鉄道といった広い範囲で活躍している。
京成電鉄 3000形
2010年11月13日 牛田駅-堀切菖蒲園駅間 荒川鉄橋 写真:こぱふぅ
大きな写真大きな写真
(1600×936 ピクセル, 265 Kbyte)
京成電鉄 3000 形は、2003 年(平成 15 年)にデビューした通勤形電車である。
「人と環境にやさしい鉄道」をモットーに外観、室内デザインを一新し、バリアフリーや環境に配慮している。京成グループの標準車体だ。
6 両編成の営業最高速度は 110km/h、8 両編成は 120km/h である。

京成本線のほか、押上線、千葉線、千原線、都営浅草線、京急本線、空港線、北総鉄道、芝山鉄道といった広い範囲で活躍している。
京成電鉄 関連
(この項おわり)
header