広島電鉄 800形は1983年にデビュー

駆動系はチョッパ制御
広島電鉄 800形
2019年12月31日 元宇品口停留場付近 写真:こぱふぅ
広島電鉄 800 形(2 代目)は、1983 年(昭和 58 年)から導入が始まった広島電鉄の路面電車である。

写真の 811 は 1992 年(平成 4 年)に製造され、フロントガラスが完全な 1 枚構造になっている。
広島電鉄 800形の大きな写真大きな写真
(2560×2032 ピクセル, 1731 Kbyte)
広島電鉄 800形
2006年7月24日 広島駅 写真:ままぱふぅ
1997 年(平成 9 年)まで 14 両が製造され、広島の顔になっている。日本における路面電車のイメージを一新した画期的な車両。

写真の 804 は 1987 年(昭和 62 年)3 月に製造されたJAFのラッピング電車である。
広島電鉄 800形
2006年7月24日 広島駅 写真:ままぱふぅ
定員は 91 人で、座席数は 37 人。自重21 トン。全長13.5 メートル、幅 2.45 メートル、高さ 3.82 メートル。車体製造はアルナ工機だ。

写真の 805 は 1990 年(平成 2 年)に製造された。
広島電鉄 800形
2019年12月31日 元宇品口停留場付近 写真:こぱふぅ
3500 形をモデルに省エネ・低騒音・乗り心地の向上を目指して製造された。回生制動付電機子チョッパ制御を採用し、単車として唯一、回生ブレーキを備えている。

写真の 810 は 1992 年(平成 4 年)に製造された。
広島電鉄 800形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1700 Kbyte)
広島電鉄 800形
2019年12月31日 元宇品口停留場付近 写真:こぱふぅ
平行カルダン駆動を搭載し、台車の軸バネにシェプロンゴムを採用するなど、当時最新の技術を採り入れた。製造年代のデザインを取り入れ変化しているが、駆動系の機器などに大きな変更はされていない。

写真の 813 は 1997 年(平成 9 年)に製造された。
広島電鉄 800形の大きな写真大きな写真
(2560×2086 ピクセル, 1983 Kbyte)
広島電鉄 関連
(この項おわり)
header