富士急「モ1号」は1929年に新造

急勾配路線に対応
モ1号
2007年7月7日 河口湖駅 写真:こぱふぅ
モ1号は、富士急行の前身である富士山麓電気鉄道が、1929 年(昭和 4 年)の開業に際して新造した車両である。モ1号からモ5号までの 5 両が製作された。
富士山に向かって走る日本有数の急勾配路線に合わせ、電気ブレーキや砂まき装置を装備するなど、当時の最新鋭車両だった。
自重は 34 トン、定員は 102 人(座席 50 人)。
富士急行は、1986 年(昭和 61 年)の創立60 周年事業として、上田丸子電鉄(現・上田電鉄)に譲渡されていた車体を引き取り、整備、復元した。また、2006 年(平成 18 年)の創立80 周年事業の際に、河口湖駅ロータリーでの展示を始めた。この際、モ1号をあしらった「もいちくんグッズ」が発売された。
(この項おわり)
header