伊予鉄道 800系は京王線の車体に狭軌の台車を組み合わせ

1984年から1985年にかけて導入
伊予鉄道 800系
2007年8月1日 古町車庫 写真:ままぱふぅ
伊予鉄道 800 系電車(写真手前)は、1984 年(昭和 59 年)から 1985 年にかけて、京王帝都電鉄2010 系電車を改造・購入した車両である。3 両編成。
京王線の軌間が 1,372mm であるのに対して伊予鉄道の軌間は 1,067mm であるため、台車は廃車になった京王井の頭線1000 系のものを再利用している。
並んで停車しているのは300 系電車で、1914 年(大正 3 年)に旧鉄道省が製造したサハ 500 形と 1950 年(昭和 25 年)に製造された郡中線のモハ 300 形を組み合わせた 3 両編成である。車籍を有する国内最古の電車だが、現在は営業運転はしていない模様である。
伊予鉄道 関連
(この項おわり)
header