岡山電気軌道 7600型は1986年にアルナ工機で新造

型式の上位2桁は製造年から創立年を引いた数字
岡山電気軌道 岡軌7600型
2007年8月1日 JR 岡山駅 写真:ままぱふぅ
岡軌 7600 型は、岡山電気軌道(岡山県岡山市岡南町1-14-41)の路面電車で、1986 年(昭和 61 年)に 1 両だけ製造された。製造はアルナ工機。

岡山電気軌道は、岡山市内で 2路線の路面電車と路線バス・貸切バスを運営している企業で、両備グループの中核会社の一つである。愛称は岡電(おかでん)。
創立は 1910(明治 43)年 6 月。路面電車の型式の上位 2 桁は、その車両の製造年から創立年を引いた数字という独自の銘々ルールがある。

ラッピング広告になっている大手まんぢゅうは、岡山市の土産物として有名。
創業は 1837(天保 8)年。当時の店が岡山城大手門のそばにあったことから、時の岡山藩第7 代藩主池田斉敏により「大手まんぢゅう」と名づけられたという。
岡山電気軌道 関連
(この項おわり)
header