ほくほく線 HK100型はトンネルに入ると星空が

最高速度 110km/h

ゆめぞら

ほくほく線 HK100型
2011年8月11日 越後湯沢駅 写真:こぱふぅ
HK100 型電車は、2003 年(平成 15 年)4 月デビューしたほくほく線(北越急行)の普通列車である。特急「はくたか」と異なり、越後湯沢~直江津間で運用するので、直流専用の電車となっている。
ほくほく線 HK100型の大きな写真大きな写真
(1600×1631 ピクセル, 753 Kbyte)
ほくほく線 HK100型
2011年8月11日 越後湯沢駅 写真:こぱふぅ
2 両編成のワンマン車両だが、最高速度は時速110 キロまで出せる。これは、時速160 キロで営業運転しているはくたかのダイヤをぬって走るためで、加速・減速性能も高い。
ほくほく線 HK100型
2011年8月11日 越後湯沢駅 写真:こぱふぅ
北越急行が保有する HK100 型電車12編成は、2010 年度から毎年 2 両程度をリニューアル工事にかけることになった。
写真は、2010 年(平成 22 年)12 月にリニューアルが完了した HK100-4 号車である。2011 年(平成 23 年)7 月の集中豪雨で上越線が不通になったため、越後湯沢駅に取り残されてしまった。(8 月 13 日に運行再開している。)
ほくほく線普通列車「ゆめぞら号」HK100型
2006年3月19日 JR越後湯沢駅 写真:ままぱふぅ
ほくほく線はトンネルが多く、トンネル区間では車内の天井へ映像演出を行うことができる「ゆめぞら号」を運行している。
土・日・祝日やゴールデンウィーク・夏休み・冬休み期間に運行しており、運行予定は公式サイトの時刻表で確認することができる。
ほくほく線普通列車「ゆめぞら号」HK100型
2008年12月30日 写真:こぱふぅ
ほくほく線普通列車「ゆめぞら号」HK100型
101 号車は 7 台 DVD と 14 台のプロジェクターにより車内全体を一体化した迫力ある映像が楽しめる一方、102 号車はブラックライト方式によって全体を夜空として浮かび上がらせ、そこに 6 台のプロジェクターによって動画を投影するもので、落ち着いた雰囲気を楽しめるようにしているという。
さらに、トンネル毎にプログラムを変えたり、映像上演を行う場所、行わない場所を認識するため GPS によって位置検知をおこなうなど、その外観からは想像できないほどのハイテク車両である。

ゆめぞらII

ほくほく線普通列車「ゆめぞらII」HK100型
2012年8月6日 直江津駅 写真:こぱふぅ
ゆめぞら IIは、2008 年(平成 20 年)12 月 13 日にデビューした。多目的車(HK100-8,HK100-9)を改造したもので、映像投影装置に改良を加え、画像に迫力を持たせている。
ほくほく線普通列車「ゆめぞらII」HK100型の大きな写真大きな写真
(1600×1382 ピクセル, 688 Kbyte)
ほくほく線普通列車「ゆめぞら号」HK100型
2008年12月30日 六日町駅 写真:こぱふぅ
天井へ映像演出だが、101 号車は 7 台 DVD と 14 台のプロジェクターにより車内全体を一体化した迫力ある映像が楽しめる一方、102 号車はブラックライト方式によって全体を夜空として浮かび上がらせ、そこに 6 台のプロジェクターによって動画を投影するもので、落ち着いた雰囲気を楽しめるようにしているという。
ほくほく線普通列車「ゆめぞら号」HK100型
2008年12月30日 十日町駅 写真:こぱふぅ
さらに、トンネル毎にプログラムを変えたり、映像上演を行う場所、行わない場所を認識するため GPS によって位置検知をおこなうなど、その外観からは想像できないほどのハイテク車両である。
ほくほく線普通列車「ゆめぞら号」HK100型
2008年12月30日 十日町駅 写真:こぱふぅ
ほくほく線普通列車「ゆめぞらII号」HK100型
2012年8月6日 直江津駅 写真:こぱふぅ
ほくほく線普通列車「ゆめぞらII号」HK100型
2012年8月6日 直江津駅 写真:こぱふぅ
最初の「ほしぞら号」は 2002 年(平成 14 年)8 月にデビューしたもので、天井に特殊塗料で星座を描き、ブラックライトを当てることで幻想的な星空を演出するというものだった。
ほくほく線普通列車「ゆめぞらII号」HK100型
2012年8月6日 直江津駅 写真:こぱふぅ
さらに 2003 年(平成 15 年)4 月には、プロジェクターを使って星空を投影できるゆめぞら号がデビューした。

六日町駅

片岡鶴太郎 - ほくほく線
2008年12月30日 六日町駅 写真:パパぱふぅ
ほくほく線の開業 10 周年記念特別テレビ番組「鶴太郎のほくほく発見記」(BSN 新潟放送、2007 年(平成 19 年)年 7 月放送)に出演した片岡鶴太郎さんの手になる駅名看板が全 12駅に設置されている。

超快速列車 スノーラビット

北陸新幹線開業にともない特急「はくたか」が廃止されることを受け、2014 年(平成 26 年)3 月 14 日、HK100 形普通電車を用いた「超快速列車 スノーラビット」の運行を開始した。
スノーラビットは、特急すれ違いによる停車時間がなくなるため現行の各駅停車より約 30 分を短縮し、直江津―越後湯沢駅を「はくたか」並みの約 1 時間で結ぶ、
(この項おわり)
header