阪神電鉄 5001形は普通系車両初の冷房車

1977年から32両が製造
阪神電鉄 5001形
2013年8月27日 大石駅 写真:こぱふぅ
阪神電鉄 5001 形電車は、1977 年(昭和 52 年)から 1981 年にかけて 32 両が製造された。阪神電鉄の普通系車両としては、初めて冷房車となった。
なお、同じ型式で 1958 年(昭和 33 年)に製造された 2 両と区別するため、2 代目とも呼ばれる。
阪神電鉄 5001形の大きな写真大きな写真
(1920×1489 ピクセル, 658 Kbyte)
阪神電鉄 関連
(この項おわり)
header