三陸鉄道36-700形気動車はクウェートからの支援で導入

2013年4月の南リアス線の営業運転再開とともにデビュー
三陸鉄道 36-700形気動車
2014年8月19日 盛駅 写真:こぱふぅ
三陸鉄道 36-700 形気動車は、2011 年(平成 23 年)3 月 11 日の東日本大震災で被災した車両の代替とし、クウェートからの支援により 3 両が新造されたものである。2013 年(平成 25 年)4 月の南リアス線の営業運転再開とともにデビューした

最高速度は 95km/h で、定員は 110 名。全長は 18.5m。
三陸鉄道 36-700形気動車の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 1030 Kbyte)
三陸鉄道 36-700形気動車
2014年8月19日 盛駅 写真:こぱふぅ
車両側面にはクウェートへの感謝の言葉がアラビア語・英語・日本語で書かれている。

三陸鉄道は、2015 年(平成 27 年)3 月期の純損益が 2 年ぶりに黒字になる見通しだ。全線復旧を果たしたことで観光客の利用が伸び、乗客数が前期の 1.5 倍の約 75 万 4 千人に上ると見込んだため。
三陸鉄道 36-700形気動車
2014年8月19日 盛駅 写真:こぱふぅ
NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となり人気が高まった上に、今春の大型連休や夏休みを中心にツアー客が増加。集計中の 2014 年(平成 26 年)9 月中間決算は経常損益が約 6 千万円の黒字となった。中間期では 21 年ぶりの黒字という。
三陸鉄道 36-700形気動車
2019年8月26日 綾里駅 写真:こぱふぅ
東日本大震災から運休していた JR 山田線が復旧し、三陸鉄道がリアス線としてひとつに繋がったことを記念し、2019 年(令和元年)6 月、イシツブテやいわタイプのポケモンたちがデザインされた岩手県×イシツブテラッピング列車が登場した。
三陸鉄道 36-700形気動車の大きな写真大きな写真
(2560×1596 ピクセル, 1731 Kbyte)
三陸鉄道 関連
(この項おわり)
header