特急ラピート 50000系は「鉄人28号」のよう

ダンディ&エレガンス+レトロフューチャー
特急ラピート 50000系
2015年4月28日 難波駅 写真:パパぱふぅ
南海 50000 系電車は、南海電気鉄道の特急形車両で、1994 年(平成 6 年)9 月の関西国際空港開港に伴い誕生した特急「ラピート」として投入された。

その設計コンセプトは「ダンディ&エレガンス」「レトロフューチャー」であり、基調デザインの楕円形は航空機をイメージしたことになっているのだが、あまりにも奇抜なデザインから鉄人 28 号と呼ばれている。
鉄道ファン以外にも強烈な印象を与えたことが評価され、1995 年(平成 7 年)の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞している。
空港線における営業最高速度は 120km/h を誇り、難波駅と関西空港駅で最短29 分で結ぶ。
特急ラピート 50000系の大きな写真大きな写真
(1351×1920 ピクセル, 747 Kbyte)
特急ラピート 50000系
2015年4月28日 難波駅 写真:パパぱふぅ
車体は普通鋼製で、全長20 メートル。先頭車両のみ 21.5 メートル。
車体幅は 2.85 メートルと、他の南海車両より 1 メートル以上広い。
特急ラピート 50000系の大きな写真大きな写真
(1920×1334 ピクセル, 831 Kbyte)
特急ラピート 50000系
2015年4月28日 難波駅 写真:パパぱふぅ
6 両編成で、全席指定・禁煙。
座席上部には航空機のようなハットラックを設置したほか、車内持ち込み用手荷物スペースなども充実している。

レギュラーシートは 4 列で、シートピッチ 1030mm、シート幅 460mm と、新幹線並の広さを実現している。
ラピート 関連

参考サイト

(この項おわり)
header