泉北高速鉄道 5000系電車はアルミ車体に白色塗装

泉北高速鉄道のオリジナル設計車両
泉北高速鉄道 5000系電車
2018年9月7日 難波駅 写真:こぱふぅ
泉北高速鉄道 5000 系電車は、1990 年(平成 2 年)に営業運転を開始した泉北高速鉄道のオリジナル設計車両である。泉北高速鉄道線と南海高野線への直通列車に使用される。
泉北高速鉄道 5000系電車の大きな写真大きな写真
(1920×1501 ピクセル, 1043 Kbyte)
泉北高速鉄道 5000系電車
2015年4月28日 難波駅 写真:パパぱふぅ
制御装置は、同社初の GTO素子を用いた VVVF インバータ制御に加え、各装置間の指令およびモニタを行う車両制御情報管理装置を採用。ボルスタレス台車となっている。
車体は、前面非貫通のアルミ合金製車体に塗装を施したことが大きな特徴である。
泉北高速鉄道 5000系電車の大きな写真大きな写真
(1280×1336 ピクセル, 584 Kbyte)
泉北高速鉄道 5000系電車
2015年4月28日 難波駅 写真:パパぱふぅ
ラインカラーは、窓下に青の濃淡 2 本のラインが入り、窓上には濃青のラインが入っている。

座席は赤色(優先座席は灰色)のモケットを使用したロングシートで、3000 系ではパイプ製だった座席仕切りを改善、棚は網棚に戻った。
泉北高速鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header