南海2000系電車は VVVFズームカー

南海として初めてVVVFインバーター採用

高野線

南海2000系電車
2015年7月8日 難波駅 写真:パパぱふぅ
南海 2000 系電車は、高野線の山岳区間に乗り入れ可能なズームカー 21001 系、22001 系および 2200 系の置き換え用として、1990 年(平成 2 年)にデビューした。南海で初めて VVVF インバーター制御を採用し、VVVF ズームカー の愛称が付いた。

写真の 2024編成は 1997 年(平成 9 年)7 月に竣工したものである。
南海2000系電車の大きな写真大きな写真
(1345×1600 ピクセル, 818 Kbyte)
南海2000系電車
2015年7月8日 難波駅 写真:パパぱふぅ
車両の全長は 17.7m、全幅 2.74m、全高4.1m。設計最高速度は 120km/h である。
車体は軽量ステンレス製だが、コルゲート板はなくビードラインを入れた梨地仕上げとなっている。先頭車の正面は FRP製で、曲線を多く取り入れたデザインになっている。
回生ブレーキを備えているが、山岳区間では他に電力を消費する列車が少なく、有効利用できない。そこで、山岳区間の変電所に回生電力吸収装置を設置し、電力の有効活用をはかっている。
南海2000系 関連

参考サイト

(この項おわり)
header