水島臨海鉄道 MRT300形はひまわりのラッピング

新潟鐵工所で新造
水島臨海鉄道 MRT300形
2016年3月15日 球場前駅 写真:こぱふぅ
水島臨海鉄道 MRT300 形気動車は、老朽化したキハ 20 形を置き換えるために、1995 年(平成 7 年)から 1996 年にかけて新潟鐵工所(現・新潟トランシス)で新造された車両である。

写真の 306 は、青色の車体に、ひまわりの絵がラッピングされており、「ひまわり号」という愛称がある。
水島臨海鉄道 MRT300形の大きな写真大きな写真
(2560×1763 ピクセル, 1464 Kbyte)
水島臨海鉄道 MRT300形
2016年3月15日 球場前駅 写真:こぱふぅ
写真の 301 は、クリームホワイトの車体に、ブルー濃淡の線でラッピングされている。

通勤・通学の利用客が多いことから、全長21.3 メートル、定員 149 名の大型気動車となっている。最高速度は 95km/h。室内は、クロスシートとロングシートを千鳥形に配置している。
水島臨海鉄道 MRT300形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1428 Kbyte)
水島臨海鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header