長崎電気軌道 500形は長崎初のワンマンカー

1966年にデビュー
長崎電気軌道 500形
2016年3月17日 大学病院前電停 写真:こぱふぅ
長崎電気軌道500 形電車は、木造車の置き換えとボギー車化を目的として、1966 年(昭和 41 年)に登場した。ナニワ工機(現アルナ車両)で 6輛が製造された。
長崎電気軌道 500形の大きな写真大きな写真
(2560×1965 ピクセル, 2014 Kbyte)
長崎電気軌道 500形
2016年3月17日 長崎西洋館 写真:こぱふぅ
車体のみ新造し、台車・電装機器は大阪市交通局 1700 形より転用した。
全長11.5 メートル、車両重量は 15.3 トン。定員は 72 人(座席 28 人)。
運転台に大型窓を採用し、角ばったデザインとなっている。

1968 年(昭和 43 年)から改造が行われ、長崎初のワンマンカーとなった。

参考サイト

長崎電気軌道 関連
(この項おわり)
header