長崎電気軌道 5000形は超低床の路面電車

2011年デビュー
長崎電気軌道 5000形
2016年3月17日 松山町電停 写真:こぱふぅ
長崎電気軌道5000 形電車は、2011 年(平成 23 年)から 2012 年にかけてアルナ車両が 2 両製造した路面電車である。

3000 形に続く 3車体連接構造の超低床電車で、3000 形と比べ車体長が 1,200mm長くなり、定員も 10 名増えた。最小通路幅も 80mm 拡大し、車内傾斜も緩やかになり、乗り心地も向上している。
長崎電気軌道 5000形の大きな写真大きな写真
(1920×1642 ピクセル, 1347 Kbyte)

参考サイト

長崎電気軌道 関連
(この項おわり)
header