長崎電気軌道 360形は鉄道ファンの社員が設計

1961年に登場
長崎電気軌道 360形
2016年3月17日 松山町電停 写真:こぱふぅ
長崎電気軌道360 形電車は、輸送力が低い単車や、老朽化した木造ボギー車の置き換えを目的に、1961 年(昭和 36 年)に登場した全鋼製の路面電車である。昭和 36 年に登場したことから 360 形と命名された。

全長11 メートル、全幅 2.3 メートル。車両重量は 15 トン。定員は 82 人(座席 30 人)。製造は日本車輌製造が担当した。
長崎電気軌道 360形の大きな写真大きな写真
(1455×1920 ピクセル, 1101 Kbyte)
設計は「長崎で最初の鉄道ファン」を名乗る長崎電気軌道社員の田栗優一 (たぐりゆうういち) さんが当たった。
長崎初の全金属製車体となり、Z パンタグラフ、前中扉の窓配置、コイルばね台車、蛍光灯の室内灯など、長崎電気軌道初の新機軸が盛り込まれた車両となった。

当初は 21輛製造する計画だったが、経営が悪化し、7 両にとどまった。本格的な置き換えは、600 形・700 形まで待たねばならない。

3車体 2 台車の連接構造をとっており、全長15.1 メートル、幅 2.3 メートル、自重22 トン、定員は 63 人(うち座席 28 人)である。

ツイートから

参考サイト

長崎電気軌道 関連
(この項おわり)
header