長崎電気軌道 1800形は12メートル級

2000年にデビュー
長崎電気軌道 1800形
2016年3月17日 築町電停 写真:こぱふぅ
長崎電気軌道1800 形電車は、2000 年(平成 12 年)から 2002 年にかけてアルナ工機が 3 両製造した路面電車である。台車は西鉄600 形のものを流用している。

長崎電気軌道では初となる 12 メートル級の大型車両で、定員 55 人、座席 28 人となっている。
長崎電気軌道 1800形の大きな写真大きな写真
(1336×1920 ピクセル, 944 Kbyte)
長崎電気軌道 1800形
2016年3月17日 築町電停 写真:こぱふぅ
運転台は湾曲した一枚ガラスを使用しており、車体塗装も白とワインレッドを組み合わせたものに刷新された。
初の間接制御車であり、コントローラーはマスコンを採用している。
尾灯は LED 化しており、サイド方向幕は大型化された上、経由地を表示するようになった。
長崎電気軌道 1800形の大きな写真大きな写真
(1238×1920 ピクセル, 905 Kbyte)
長崎電気軌道 1800形
2016年3月17日 長崎西洋館 写真:こぱふぅ

参考サイト

長崎電気軌道 関連
(この項おわり)
header