北九州銀行レトロライン潮風号は観光トロッコ列車

南阿蘇鉄道で運行していたDB10形ディーゼル機関車を利用
北九州銀行レトロライン 潮風号
2016年3月21日 九州鉄道記念館駅 写真:こぱふぅ
北九州銀行レトロライン潮風号は、関門海峡と門司港レトロを結ぼうと、廃線を利用し、2009 年(平成 21 年)4 月に運行開始した観光トロッコ列車である。九州鉄道記念館駅から関門海峡めかり駅まで、4駅、2.1km を結ぶ。

小型のディーゼル機関車が、2 両のトロッコ客車を牽引する。牽引する DB10 形ディーゼル機関車は、2006 年(平成 18 年)11 月まで南阿蘇鉄道で運行していたものだ。
廃線や他鉄道で使われていた車両を再活用しての観光振興が評価され、2009 年(平成 21 年)、第8 回「日本鉄道賞」の特別表彰に選ばれた。
北九州銀行レトロライン 潮風号の大きな写真大きな写真
(1405×1920 ピクセル, 1130 Kbyte)
北九州銀行レトロライン 潮風号
関門海峡めかり駅の手前のトンネル内で、列車の天井に門司の街が投影される。

参考サイト

(この項おわり)
header