三岐鉄道 ED45形電気機関車は還暦超え

セメントを運び続けて六十余年
三岐鉄道 ED45形電気機関車
2016年3月22日 三里駅~丹生川駅間 写真:こぱふぅ
三岐鉄道 (さんぎてつどう) ED45 形電気機関車は、1954 年(昭和 29 年)3 月の全線電化に合わせて登場した直流陽電気機関車である。

正面に見える藤原岳 (ふじわらだけ) (標高1444 メートル)は、太平洋セメントによる石灰岩採掘で山容が変わっている。
三岐鉄道 ED45形電気機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2212 Kbyte)
三岐鉄道 ED45形電気機関車
2016年3月22日 三里駅~丹生川駅間 写真:こぱふぅ
電気機器は東洋電機製造が、車体は東洋工機で新造したもので、三岐鉄道特有の右運転台となっている。
1970 年(昭和 45 年)1 月全車重連化され、その後、前照灯が 1 灯電球から 2 灯シールドビームに交換された。
三岐鉄道 ED45形電気機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2429 Kbyte)
三岐鉄道は、三重県と岐阜県を結ぶことから、この名前が冠された。1928 年(昭和 3 年)に設立され、鉄道事業はセメント輸送が主力である。
営業路線は長らく三岐線および近鉄連絡線のみであったが、2003 年(平成 15 年)に近鉄から北勢線を譲受し運行している。
三岐鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header