江ノ電 20形は開業100周年記念車両

交通バリアフリー法対応のレトロ車両
江ノ電 20形
2016年5月3日 江の島駅 写真:こぱふぅ
江ノ電 20 形は、老朽化した 500 形の置き換えとともに、江ノ電開業 100 周年を記念し、東急車輌製造で製作された。2002 年(平成 14 年)から 2003 年に架け、4 両が導入された。

10 形の流れを汲むレトロ車両だが、前面スカートがない、屋根が普通のものになっているなど装飾が簡素化された。
また、「車いすスペース」「ドアチャイム」の取り付けなど、『人に優しい設計』となっている。定員 144(座席 57)。
江ノ電 20形の大きな写真大きな写真
(1276×1920 ピクセル, 985 Kbyte)
江ノ電 20形
2016年5月3日 江の島駅 写真:こぱふぅ
車体塗装は、「江ノ電カラー」と通称される緑色とクリーム色の 2色だ。

江ノ電 20形
2016年5月3日 江の島駅 写真:こぱふぅ
20 形の導入により、冷房化率100%を達成した。

参考サイト

江ノ電 関連
(この項おわり)
header