関東鉄道 キハ5000形は環境に優しいエンジンを搭載

鬼怒川と小貝川の間を走る常総線をイメージ

常総線

関東鉄道常総線 キハ5000形
2017年5月6日 下妻駅 写真:こぱふぅ
関東鉄道 キハ 5000 形は、2009 年(平成 21 年)に営業運転を開始した気動車である。営業最高速度は 95km/h。
関東鉄道常総線 キハ5000形の大きな写真大きな写真
(2560×1897 ピクセル, 1729 Kbyte)
コモンレール式燃料噴射システムを搭載した最新形環境対応エンジンを装備し、従来の車両に比べ環境に優しく、燃費も向上している。台車はユニットブレーキ式のボルスタレス台車を採用した。

車両の外観は、鬼怒川(青)と小貝川(青)の間を走る常総線(赤)をイメージした新しいカラーリングとしている。
車内は明るいデザインのシートとし、縦仕切棒を設けるなど居住性を向上している。

参考サイト

関東鉄道 関連
(この項おわり)
header