近畿日本鉄道 1810系はラインデリア装備

1967年にデビュー
近鉄 1810系
2017年8月17日 近鉄長島駅付近 写真:こぱふぅ
近鉄 1810 系電車は、空気ばね台車とラインデリアを採用した系列で、1967 年(昭和 42 年)にデビューした。設計は 1800 系のものを踏襲している。
近鉄 1810系の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1838 Kbyte)
ラインデリアは、近鉄と三菱電機が共同開発した換気装置で、雨天時でも新鮮な外気を取り入れられるという優れものである。ただし、ラインデリアを取り付けると屋根が 100mm 低くなるというデメリットがある。

1979 年(昭和 54 年)には増結用の 1970 形を製造するとともに、冷房化工事を行った。2002 年(平成 14 年)から廃車が始まっている。
近畿日本鉄道 関連
(この項おわり)
header