青梅鉄道1号形電気機関車はイギリス製

西武池袋線を中心に運用
青梅鉄道1号形電気機関車(E43)
2017年11月11日 横瀬車両基地 写真:こぱふぅ
青梅鉄道1 号形電気機関車は、青梅鉄道が 1926 年(大正 15 年)から 1929 年にかけ、イギリスに 3 両を製造委託した電気機関車である。全長10.8 メートル、全高4.2 メートル、自重は 40.6 トンある。定格速度は 32km/h。
第二次世界大戦中に青梅鉄道は鉄道省に買収され、青梅線や南武線で運用された。

1960 年(昭和 35 年)9 月、1013 形(ED36 1)が西武鉄道に譲渡され、西武池袋線を中心に運用していたが、老朽化のため 1987 年(昭和 62 年)に廃車となり、横瀬車両基地に保管されている。
青梅鉄道1号形電気機関車(E43)の大きな写真大きな写真
(1219×1920 ピクセル, 806 Kbyte)
西武線 関連
(この項おわり)
header