西武E851形電気機関車は私鉄最大級

愛称はジャンボ
西武E851形電気機関車
2017年11月11日 横瀬車両基地 写真:こぱふぅ
西武鉄道 851 形は、1969 年(昭和 44 年)の西武秩父線開業に合わせて投入した電気機関車である。秩父方面から正丸峠を越えてセメントを輸送するため、国鉄MT52 形と同等の電動機を搭載し、定格出力は 2550kW と、電気機関車としては私鉄最大級で、ジャンボの愛称で呼ばれた。4 両が製造された。1996 年(平成 8 年)3 月、引退。
西武E851形電気機関車の大きな写真大きな写真
(1347×1920 ピクセル, 1014 Kbyte)
西武線 関連
(この項おわり)
header