西武鉄道 351系は丸みを帯びた通勤電車

西武鉄道が戦後初めて自社製造
西武鉄道351系
2017年11月11日 横瀬車両基地 写真:こぱふぅ
351 系は、1954 年(昭和 29 年)、西武鉄道が戦後初めて自社製造した通勤形電車である。
全長17 メートルで、定員は 128 人(座席 44 人)。3 両編成で運用された。
丸みを帯びた先頭車両は昭和 30 年代の電車の特徴だ。

1980 年(昭和 55 年)までに全車が廃車となり、横瀬車両基地で保存されている。
西武鉄道351系の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 769 Kbyte)
西武線 関連

参考サイト

(この項おわり)
header