えちごトキめき鉄道 E127系電車は JR東日本から譲渡

妙高はねうまライン開業とともに運用開始
えちごトキめき鉄道 ET122形気動車
2018年3月2日 直江津駅 写真:こぱふぅ
えちごトキめき鉄道 E127 系電車は、信越本線から分離した妙高はねうまライン用の車両として、2013 年(平成 25 年)2 月、JR 東日本から 10編成が譲渡された。必要な改修が施され、2015 年(平成 27 年)3 月の開業と同時に運行を開始している。
えちごトキめき鉄道 ET122形気動車の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1770 Kbyte)
JR 東日本からの譲渡車となる妙高はねうまラインの電車は「地域の象徴である『妙高山』を『芽吹くグリーン』で表現」したデザインに変更するが、新デザインによる運行開始日は決定次第案内するとしている。
写真は、JR 東日本時代のままのカラーリングの編成。
えちごトキめき鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header