タブレット「SMT-i9100」は電子書籍閲覧に最適なサイズ

2011年7月 購入
SMT-i9100 - Androidタブレット
Android タブレット「SMT-i9100」(Samsung製,au by KDDI が販売)を購入した。今回は軽さ重視、性能は二の次――。

歳のせいか、メインのノート PC「Let's note CF-Y7D」を持ち運ぶのが重くてかなわない。昔は 3kg のラップトップ PC も平気で持ち歩いていたというのに。 ( ´_`) トホホ
関連商品icon
SMT-i9100 - Androidタブレット
「au の鬼っ子」「GALAXY Tab の廉価版」との酷評のある SMT-i9100 だが、実際、タブレットとしての使い勝手は「iPad」に劣るし、スマートフォンのような 3G データ通信機能もない(WiFi と Bluetooth は内蔵)。とはいえ、手帳代わりに使うのなら悪くはない。通信契約を結ばずとも本体のみ購入できる点も魅力だ。

画面が 7 インチ、1024×600 ドットと比較的大きいので、縦位置にすればソフトキーボードを使いながらの入力もそれほど苦にならない。(iPad は 9.7 インチ、1024×768 ピクセル)
SMT-i9100 - Androidタブレット
充電器を兼ねているクレードルに置くと、こんな感じ。
ビデオを見たり、メモを見ながら PC に入力するのにちょうどよい。

ニュース、天気予報、ToDo リストを画面に表示させながら、インターネットラジオを聞くこともできる。
SMT-i9100 - Androidタブレット
背面に 200 万画素のカメラを備える。
本体が携帯電話やデジカメより大きいので、風景や人物を撮影するより、手書きメモやホワイトボードを撮影する機会が多くなりそうだ。(シャッター音あり)

Web ブラウジング、PDF リーディング、動画再生(Flash, MP4, DivX など)はストレスなく行える。むしろ WindowsPC より速いくらいである。それほど性能の高いハードウェアとは思えないが、裏で携帯待ち受けタスクが動いていないせいかもしれない。

iPad との比較

SMT-i9100
  1. キーボードのないLinuxマシン
  2. 大判手帳としてビジネスユースもこなす
  3. 動画再生は苦手
iPad
  1. タブレットという新しいジャンルを確立
  2. 電子書籍を読むのに最適
  3. マルチメディア再生は得意
無理を承知で iPad と比較してみた。

iPad はタブレットというカテゴリを創出しただけあって、PC/Mac、携帯電話のいずれとも違う操作性を誇る。
これに対して SMT-i9100(というより Android タブレット)は、廉価な Linux マシンに過ぎない。無料アプリをインストールすれば、マウントしているフォルダを丸見えにできるし、常駐しているデーモンも見える。システムに対しては、多少の自己責任が必要だ。
その一方、PC のようにアプリや他の PC との間で簡単にデータの使い回しができるので、ビジネスユースには都合がいい。

逆に、iPad は再生対応しているコーデックの種類が豊富なことが特徴だ。いままで iPad で再生できなかったマルチメディアファイルはなかったほどである。
これに対して、Android は基本的に MPEG-4/H.264 再生に対応していない。別の再生アプリを入れる必要がある。

Android のようにアプリを入れれば様々なニーズに対応できるというのは、パソコンそのものである。
一方の iPad は、素のままでもかなり遊べる。

価格とスペックの問題

SMT-i9100 の評判が悪いのは、価格設定とスペック開示の問題だと思う。

まず価格だが、本体のみだと定価 5 万円(実売 3.2 万円くらい)もする。先発の iPad より使い勝手が悪く、GALAXY Tab SC-01C のような 3G通信機能が無いのに重たい‥‥。
au は売る気が無いのかと思いきや、au ショップや家電量販店の au タブレットコーナーの最前線に展示されている。
2011 年(平成 23 年)7 月現在、au には上位機種の「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」も販売されているが、これまた高価だ(6 万円前後)。タブレット人気を完全に読み誤っている。

次にスペック表であるが、購入前に au の公式サイトからダウンロードできる取扱説明書に目を通したのだが、「取り扱い上の注意」が長大である割に、スペック表はたったの 1 ページしかない。CPU が何なのかもわからない。
さらに悪いことに、発売当初にプレス発表したスペック値が間違いだらけで、いまだに訂正されていないサイトが多い。
このため中華iPadのような出自の悪い製品のイメージが漂うのだが、本体は韓国 SAMSUNG製で、モリサワフォントを標準搭載している。画面の見やすさやデザインでも iPad にひけをとらない。使い勝手が iPad に劣るというのは Android 2.x の問題であって、ハードウェアやアプリケーションには太鼓判を押せる。
もしこれから購入しようという方がいたら、店頭で実機に触れてみてほしい。

au by KDDI 様へ――Android ユーザーには私のような PC マニアが多いので、取扱説明書やパンフレットの改版時には是非スペック表を見直していただきたい。
また、Tegra2 や Android3.x を搭載したタブレットの参戦が近いので、「5 万円」は考え直していただきたい。半額でも高いくらい。本気で WiFi 展開するつもりであれば、SMT-i9100 を橋頭堡として活用しない手はないと思う。

主要スペックの比較

項目 SMT-i9100 GALAXY Tab
SC-01C
MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M iPad 2
WiFiモデル
画面 7インチTFT液晶
1024×600
静電容量式タッチパネル
7インチTFT液晶
1024×600
静電容量式タッチパネル
10.1インチ

1280×800
静電容量式タッチパネル
9.7インチIPS液晶
1024×768
静電容量式タッチパネル
スピーカー ステレオ 約0.64W
※2Wは誤り
不明 不明 不明
本体サイズ
幅×高さ×厚み(ミリ)
199×129×13.9 190×120×12.1 247×169×12.9 241.2×185.7×8.8
本体重量(グラム) 約 480 約 382 約 700 約 601
連続駆動(時間) 約 6.5
※2時間は誤り
約 8.5 約 10
連続待受(時間) 約 150 約 1600 約 480
CPU 記載なし S5PC110
1GHz
Tegra 2
1GHz
Apple A5
1GHz
基本ソフト Android 2.2 Android 2.3 Android 3.1 iOS 4.x
主記憶 512Mバイト 512Mバイト
補助記憶 フラッシュメモリ
4Gバイト
フラッシュメモリ
16Gバイト
フラッシュメモリ
32Gバイト
フラッシュメモリ
16~64Gバイト
3G回線 なし FOMA回線 なし なし
WiFi IEEE802.11b/g/n IEEE802.11a/b/g/n IEEE802.11b/g/n IEEE802.11a/b/g/n
Bluetooth Ver3.0
A2DP,AVRCP,OPP,HID等
Ver3.0
A2DP,AVRCP,OPP,HID等
Ver2.1
Ver2.1
USBポート microUSB×1 microUSB×1 なし
メモリスロット microSDHC×1
最大32Gバイト
microSDHC×1
最大32Gバイト
microSDHC×1
最大32Gバイト
なし
外部画面出力 なし miniHDMI なし
カメラ 200万画素×1 320万画素×1
130万画素×1
500万画素×1
200万画素×1
×2
位置情報 GPS A-GPS WiFi+デジタルコンパス
加速度センサー 搭載 搭載 搭載
注意事項 SIMスロットはあるがau回線は使えない SIMスロットはあるがau回線は使えない iTunesが動作するPC/Macが必要

USBマスストレージ

SMT-i9100 - Androidタブレット
USB ケーブルを接続すれば、PC 側から USB マスストレージとして扱うことができるようになる。ただし、データ領域は 3G バイト程度しかないので、データを入れるならば別途microSD カードが必須だ。

また、SMT-i9100 側は microUSB コネクタになる。やや窪んだ部分にあるので、microUSB の金属部分が 7 ミリ以上ないと干渉してしまう。

画面スナップショットの撮り方

SMT-i9100 は、セキュリティを確保するため、単体で画面スナップショットを撮ることができないようになっている。PC と USB ケーブルで接続する必要がある。使用する USB ケーブルは、上述のマスストレージで利用したものと同じで良い。
以後、Windows での操作を説明する。
SMT-i9100 - Android SDK
まず、Java Platform (JDK) 7をダウンロードしてインストールする。
次に、Android SDKをダウンロードしてインストールする。
Android SDK マネージャを起動すると、左図のような画面になる。
SMT-i9100用の USB ドライバはメーカーが提供していないので、Google USB Driver packegeをインストールする。
すると、"C:\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver\" というフォルダが作成されるはずである。
SMT-i9100 - Android SDK
この時点で Windows のコントロールパネルからデバイスドライバを参照すると、左図のように「?」の状態になっている。ここで「?」を右クリックし、プロパティを選択。詳細タブをクリックで、プロパティ欄の「デバイス インスタンス パス」を表示させる。
SMT-i9100 - Android SDK
この値を "C:\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver\android_winusb.inf" に書き込む。


【例】
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04E8&PID_9102
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_04E8&PID_9102&MI_01

SMT-i9100 - Android SDK
つづいてドライバの更新を実行し、"C:\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver" を参照させれば、ドライバのインストールが始まる。
SMT-i9100 - Android SDK
SMT-i9100 側は「USB デバッグ」にチェックを入れておく。
SMT-i9100 - Android SDK
Windows 側で "C:\Program Files\Android\android-sdk\tools\ddms.bat" を実行。キャプチャボタンをクリックすると、左図のように画面のスナップショットを撮ることができる。

おまけ:中華 iPad とスペック記載

購入前の比較商品として中国製の Android(いわゆる中華iPad)をいくつか調べ、実機に触ってみた。結論から言うと、Linux に対する深い知識があって物好きな人間でなければ中華iPad には手を出さない方がいい

7 インチというサイズ扱いやすいのだが、いまはまだ商品の選択肢が少ない。
Amazon で“7 インチ タブレット”と検索すると、ヒットするほとんどが中華iPad である。
外観は iPad に似せてあるが中身は Android。中には Google 公認を受けていないものまである。
多国語対応とうたっていても、漢字フォントは簡体字である場合が多く、日本語は文字化けする。それでなくても読みづらい。
スペックも偽りが多く、たとえば、ARM 系の 500MHz デュアルコア組込みプロセッサのことを「最新 1Gz プロセッサ」などと記載しているものもあった。
画面解像度は 800×600 ドットのものが多く、液晶の品質も悪い。安価な製品では感圧式タッチパネルのものがあり、これだとマルチタッチができない。

だが、中華iPad の価格は 1 万円台である。それに比べたら、SMT-i9100 の 3.2 万円は高いと思う。

また、これはタブレット全般に言えることだが、ノート PC やネットブックなどと違って詳しいハードウェアスペックがわからないものが多い。SMT-i9100 に限らず、搭載CPU やメモリもわからないものが多い。
携帯電話と同じで仕様を記載していないのか、メーカーである韓国、台湾、中国の習慣なのかはわからない。
ロットによって CPU やメモリ量が変わるかもしれないので、パソコン雑誌のベンチマークテストを当てにしない方がいいと思う。

というわけで、本文の内容も欠けていたり間違っていたりするかもしれない。お気づきの点があれば、脚注に示す連絡先からご一報(またはツイート)いただきたい。

参考サイト

(この項おわり)
header