Twitter公式クライアント「TweetDeck」

2011年1月 入手
TweetDeck
TweetDeck
TweetDeck は、Twitter、Facebook に対応した SNS クライアントソフトだ。複数カラム、複数アカウントに対応している。
最大の特徴は、さまざまな OS、スマートフォン、GoogleChrome で利用でき、グループやキーワードの設定をオンライン共有できることだ。私は WindowsXP(GoogleChrome)と Android で利用している。
本ソフトを開発していた英TweetDeck, Inc.は 2011 年(平成 23 年)5 月、米Twitter に買収され、デスクトップ向けの Twitter 公式クライアントと位置づけられている。

Twitter は、2016 年(平成 28 年)4 月に TweetDeck の提供を終了すると発表した。Web アプリに乗り換えるよう勧めている。
種別 ユーティリティ
価格 無料
動作環境 Windows, MacOS X, iPhone, Android, GoogleChrome
製作者 Twitter
公式サイト http://www.tweetdeck.com/
Facebook は利用したことがないので、以下、Twitter における機能や使い勝手を述べていくことにする。

画面が大きな PC や Mac では同時に複数のカラムを表示することが可能で(上図)、各々のカラムのタイムラインが流れていく様は壮観である。スマートフォンでは同時に 1 カラムしか表示されないが(左図)、ページ送りのような感じで別のカラムに移動できる。

カラムの機能は強力で、ユーザーをグループ化したりキーワードを抽出したりしてタイムラインを複線化し、それらをメインのタイムラインと並行してチェックすることもできる。キーワードやユーザー ID を細かく絞り込むこともできる。
また無料の TweetDeck Account に登録すれば、TweetDeck の設定をオンラインに保存すれば、ほかのマシンの TweetDeck や iPhone版TweetDeck でも同じ設定が利用できる。

メッセージの投稿は、テキストボックスが現れるので、そこにメッセージを入力する。URL は自動短縮される。最近利用したハッシュタグをプルダウンメニューから選択して入力できる機能は便利だ。
tweetPhoto などと連携した画像投稿にも対応している。

最新バージョン

Twitter が TweetDeck を買収してから最初のバージョンが 2011 年(平成 23 年)12 月 8 日、リリースされた。

Adobe AIR 版のプログラムはなくなり、その多くの機能もなくなった。MySpace のサポートもなくなり、Twitter と Facebook のみの対応となった。代わりに、Windows と Mac それぞれのネイティブプログラムを作成した。iOS および Android版はアップグレードされていない。

参考サイト

(この項おわり)
header