ASCIIコードは 7ビット

(1/1)
電子計算機は、文字通り計算する機械だったが、1960 年代に入って文字も扱うようになっていた。
1 つ 1 つの文字にコードが割り当てられるようになったが、最初は機械毎にコードが異なり、アメリカ国内で 60種類以上、IBM だけでも 9種類の文字コードが乱立していた。

ASCIIコード

この混乱を解決するため、IBM のボブ・ベマーがアルファベットを表記するための 7 ビットの文字コードを ANSI (アンシー) (American National Standards Institute;米国規格協会)に提案した。1963 年(昭和 38 年)、ベマー案を若干修正する形で ANSI X 3.4、いわゆる「ASCII コード」が制定された。

ASCII コード表を以下に示す。白色の部分が「図形文字」、薄い黄色の部分は「制御文字」である。
たとえば 16進数で 41 はアルファベット大文字 A を、同じく 61 は小文字 a をあらわす。
ASCIIコード

ASCIIコードは 7ビット

ASCII コード が 8 ビット(1 バイト)だと思い込んでいる方も多いかも知れないが、8 ビットの方は JIS C 6220(のちの JIS X 0201)、いわゆる JIS ローマ字カナを 8 ビットに拡張したコード体系の方である。ASCII コードは貴重なメモリを 1 ビットでも無駄にすまいと、わざわざ 7 ビットのコード体系にしてある。よって、上表の上位は 3 ビットしかない。

NEC PC-8801/9801 シリーズに代表される国産パソコンの場合、8 ビットの時代から JIS ローマ字カナ 8 ビット拡張版を利用できた。そのため、海外と電子メールのやり取りをしていた方の中には 7 ビットと 8 ビットの相違から来る文字化けに悩まされたことと思う。すべてアルファベットで書いても、8 ビットコードで保存されてしまうため、7 ビット圏のコンピュータとのデータ交換するには変換プログラムが必要だったのだ。

このように、文字コード問題は 20 年以上前から存在していた。

参考サイト

(この項おわり)
header