各種WebAPIの登録方法

(1/1)
これから紹介するプログラムで利用する WebAPI は、原則無料のサービスであるが、事前にアカウント登録が必要なものがある。ここでは、それらの登録方法について説明する。

目次

Google Cloud Platform

Google Cloud Platform
Google Cloud Platform は、Googleマップ描画や、住所から緯度・経度を求めるときに利用する。ここでは、2019年(平成31年)3月16日時点の情報を記す。

まず https://cloud.google.com/ にアクセスし、「無料トライアル」を選択する。
すると、Googleアカウントでログインを求められる。ふだん利用しているアカウントでログインするか、サービス公開用のアカウントを作っておくといいだろう。Googleアカウントhttps://myaccount.google.com/ から作成する。
Google Cloud Platform
続いて、クレジットカード情報の入力を求められる。
Google Cloud Platform は利用量によって課金される。現在、Googleマップ関連サービスは毎月200ドルまでは無料だが、それ以上の利用量があると課金対象となり、登録したクレジットカードに請求される。
Google Cloud Platform
あらかじめ予算枠を登録しておこう。
無料枠は、JavaScriptによる動的マップの読み込みが28,500回までに相当する。サイトのアクセス量をみて、Google Cloud Platform を利用するかどうか検討しよう。
もし、無料枠を超えるようだったり、Googleにクレジットカードを登録するのを控えたいということであれば、後述の Yahoo!デベロッパーネットワークの地図を利用するという方法もある。こちらも無料枠が決まっているが、Googleに比べて制約が緩い。
これから紹介する地図関係のプログラムは、どちらのサービスも利用できるようにしている。
Google Cloud Platform
次に、プロジェクトを作成する。1つのGoogleアカウントで複数のプロジェクトを作成できる。Webサービスに応じてプロジェクトを分けておくといいだろう。

プロジェクトを作成したら、そのプロジェクトにぶら下がる認証情報を作成し、APIキーを取得する。この APIキーが、これから紹介するPHPプログラムで必要となる。
Google Cloud Platform
APIキー の右側の鉛筆アイコンをクリックし、かならず、アプリケーションの制限を設定しておこう。これを設定しないでおくと、不特定多数によって APIキー を利用され、あっという間に無料枠を超えてしまうからだ
アプリケーションの制限は、Webサービスとして提供するのであれば、URLをHTTPリファラーとして制限しておくか、サーバのIPアドレスで制限しておくといいだろう。

ただし、1つの APIキー について制限方式は1つしか選べない
一部のAPIサービスはIPアドレス制限にしか対応していないため、これから紹介するプログラムを利用するには、最低2つの APIキー を用意してほしい。1つはHTTPリファラー制限、1つはIPアドレス制限として使用する。

Yahoo!JAPAN デベロッパーネットワーク

Yahoo!JAPAN デベロッパーネットワーク
Yahoo!JAPAN デベロッパーネットワーク は、YOLPマップ描画や、住所から緯度・経度を求めたり、各種日本語処理を行うときに利用する。ここでは、2019年(平成31年)3月16日時点の情報を記す。

まず https://e.developer.yahoo.co.jp/dashboard/ にアクセスし、Yahoo! JAPAN ID でログインする。ふだん利用しているアカウントでログインするか、サービス公開用のアカウントを作っておくといいだろう。Yahoo! JAPAN IDhttps://account.edit.yahoo.co.jp/registration から作成する。
Yahoo!JAPAN デベロッパーネットワーク
続いて、アプリケーションの開発情報の入力を求められる。
サービスを公開するサイト情報を入力する。
Yahoo!JAPAN デベロッパーネットワーク
すると、Consumer Key が表示される。
この Consumer Key が、これから紹介するPHPプログラムで必要となる。
2020年(令和2年)10月31日をもって、Yahoo! JavaScriptマップAPIなど地図表示のAPIサービスが終了することが公表された。→【重要】YOLP Web APIにおける一部API・SDKの提供終了お知らせ

ゼンリンデータコムやMapboxへの移行を案内しているが、いずれも有料サービスのようだ。

楽天ウェブサービス

楽天ウェブサービス
楽天ウェブサービス は、楽天トラベルのホテル検索や、楽天市場の商品検索を行うときに利用する。ここでは、2019年(平成31年)3月17日時点の情報を記す。

まず https://webservice.rakuten.co.jp/ にアクセスし、楽天アカウントでログインし、「アプリID発効」を選択する。
ふだん利用しているアカウントでログインするか、サービス公開用のアカウントを作っておくといいだろう。楽天アカウントhttps://www.rakuten.co.jp/myrakuten/help/ から作成する。
楽天ウェブサービス
続いて、新規アプリ情報の入力を求められる。
サービスを公開するサイト情報を入力する。
楽天ウェブサービス
すると、アプリIDアフィリエイトID などが表示される。
この2つのキーが、これから紹介するPHPプログラムで必要となる。

ぐるなびWebサービス

ぐるなびWebサービス
ぐるなびWebサービスは、ぐるなびの飲食店情報を参照し、飲食店を検索したり口コミ情報を取得することができる。ここでは、2019年(平成31年)3月20日時点の情報を記す。

まず https://api.gnavi.co.jp/api/ にアクセスし、「新規アカウント発行」をクリックする。
ぐるなびWebサービス
アカウントやアプリケーションに関する情報の入力を求められる。最初は「試しに利用」を選んでおくといいだろう。
ぐるなびWebサービス
アプリケーションを登録すると、アクセスキーが表示される。このアクセスキーは、これから紹介するPHPプログラムで必要となる。アクセスキーには有効期限がある。必要に応じて延長するか、あらたにキーを発行してもらおう。

Twitter API

Twitter API
Twitter APIは、Twitterにツイートしたりトレンドを検索するなどのサービスを提供するAPIである。ここでは、2019年(平成31年)3月21日時点の情報を記す。

まず、Twitterにログインし、https://developer.twitter.com/ にアクセスし、左上のメニューをクリックする。
Twitter API
Apps をクリックする。
Twitter API
アプリケーション登録画面が現れるので、Create an app をクリックし、新規アプリを登録する。
Twitter API
アプリケーションを登録すると、API keyAPI secret keyAccess tokenAccess token secret が表示される。これらのキーは、これから紹介するPHPプログラムで必要となる。

gooラボ

gooラボ
gooラボは、NTTレゾナントが、NTT研究所などNTTグループ内企業はもちろん、NTTグループ以外の企業や大学などの学術機関とのコラボレーションにより生まれたサービスを提供する。ここでは、2019年(令和元年)5月26日時点の情報を記す。
gooラボ
gooラボGitHub のアカウントを用いて登録する。まだ GitHubアカウントをお持ちでない方は、まずそちらを登録する。
つづいて gooラボAPI利用登録 にアクセスし、最下段にある「利用規約に同意してGitHubで登録」をクリックする。

GitHub の認証画面に移行するので、アカウント情報を入力する。
gooラボ
アプリケーションIDが表示される。このアプリケーションIDは、これから紹介するPHPプログラムで必要となる。

bit.ly

bit.ly
bit.ly は、短縮URLを提供するWebサービスである。
APIを使って、URLの短縮や、短縮URLを元に戻すことができる。
ここでは、API呼び出しに必要なアクセストークンの取得方法を紹介する、

まず、右上の Sign up をクリックし、アカウントを作成する。
bit.ly
ユーザー名、電子メール、パスワードを入力し、Sign up with Email をクリックすると、入力した電子メール宛に登録確認メールが届く。指定したURLにアクセスすることで、アカウント登録が完了する。
bit.ly
ログインすると、管理画面に入る。
右上のアカウント名をクリックし、プルダウンから Profile Setting をクリックする。
bit.ly
つづいて Generic Access Token をクリックする。
bit.ly
パスワードを入力すると、アクセストークン を表示する。これから紹介するPHPプログラムで必要となる。

参考サイト

(この項おわり)
header