旭川駅が高架駅に生まれ変わった

2013年8月16日 撮影
旭川駅
旭川駅(北海道旭川市宮前通西4153番地 1)は、1898 年(明治 31 年)7 月に開業した。
旭川駅の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 488 Kbyte)
旭川市が進めている駅周辺再開発事業「北彩都 (きたさいと) あさひかわ整備事業」の一環として 4 代目駅舎が建設され、2011 年(平成 23 年)11 月 23 日にグランドオープンした。
旭川駅
鉄道高架事業に伴い、地上駅から高架駅に生まれ変わった。
「人にやさしい駅」としてバリアフリーに配慮し、各ホームにはエレベーター・エスカレーターが設置されている。
駅舎外壁はガラス張りになっており、「川のある駅」のコンセプトの通り、南側を流れる忠別川を見渡すことができる。
駅の内装は「木のまち・旭川」を意識し、木材を多用し、コンクリート柱の表面も木目調となっている。

2013 年度には北口の広場にバスターミナルを整備し、2014 年(平成 26 年)には新しい駅ビルを建設する予定となっている、
旭川駅 - 比布駅
旭川駅から宗谷本線に乗る 20 分ほど行くと、比布駅がある。

アイヌ語で「沼の多いところ」「石の多いところ」を意味するピプに由来するというが、1980 年(昭和 55 年)にピップエレキバンの CM 撮影が行われたことで有名に。

イオンモール旭川駅前が開業

2015 年(平成 27 年)3 月 27 日、大型商業施設「イオンモール旭川駅前」がオープンした。JR旭川駅直結という好立地での開業に周辺の商業施設も刺激を受けており、買物公園など空洞化が指摘される旭川市中心部の活性化が期待される。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:旭川駅

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header