エアロキングは2階建てバスのロングセラー

「吉祥寺~お台場直行バス」で約1時間
関東バス エアロキング
2018年5月6日 ヴィーナスフォート 写真:こぱふぅ
関東バスの吉祥寺~お台場直行バスは、土曜・休日の運行で、9 時に武蔵野営業所を出発し、首都高を経由し、渋滞がなければ 10 時 10 分にお台場(グランドニッコー東京台場)に入る。電車で行くより楽である。
この日は、2階建ての三菱ふそう・エアロキングが運行していた。

東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートになっている。
関東バス エアロキングの大きな写真大きな写真
(1472×1920 ピクセル, 1096 Kbyte)
エアロキング は 1985 年(昭和 60 年)に販売開始した。車内からの眺望の良さから、観光バスとしての 2階建てバスがブームになった。
しかし、道路運送車両法の関係で車高は 3.8 メートル以内に抑えなければならず、2階部分の天井が低く、観光バスとしての需要は冷え込んでしまった。

1990 年代の規制緩和で、高速道路でのワンマン運行が可能になると、夜行高速バスへの利用が増えてきた。本車両も、2階部分は 3 列で、シートが深く倒せるようになっており、快適な乗り心地だ。4:3 比率のブラウン管テレビが搭載されており、年代を感じる。

2009 年(平成 21 年)の「ポスト新長期排ガス規制」を受け、メーカーは対応困難として、2010 年(平成 22 年)6 月、エアロキングの製造・販売を中止した。途中 3 年間の製造中止期間があったものの、25 年にわたって販売されたロングセラー商品である。
エアロキング 関連

参考サイト

(この項おわり)
header