台湾鉄路管理局EMU500型電車は台鉄の収支を改善

韓国の大宇重工が設計・製造
台湾鉄路管理局EMU500型電車
2019年9月18日 新烏日駅 写真:こぱふぅ
台湾鉄路管理局 EMU500 型電車は、台湾の通勤用電車で、韓国の大宇重工が設計・製造し、1995 年(平成 7 年)から 1997 年にかけ、86編成 344 両が製造された。車体はステンレス鋼で、最高運転速度は 110km/h。輸送力、輸送速度ともに向上し、バスに奪われつつあった通勤客を取り返し、台鉄の収支を改善させた。
台湾鉄路管理局EMU500型電車の大きな写真大きな写真
(1920×1595 ピクセル, 1221 Kbyte)
台湾鉄路管理局EMU500型電車
2019年9月16日 瑞芳駅 写真:こぱふぅ
2001 年(平成 13 年)、大宇重工がロテム社と統合されてから車両の補修用部品が調達困難となったため、整備性が極端に悪化した。
台湾鉄路管理局EMU500型電車の大きな写真大きな写真
(1920×1232 ピクセル, 1087 Kbyte)

参考サイト

(この項おわり)
header