JR東海 キハ75形は最高時速120km/h

環境にも配慮

快速「みえ」

快速「みえ」キハ75形
2016年3月22日 富田駅 写真:こぱふぅ
キハ 75 形は JR 東海の気動車で、キハ 58 形・キハ 65 形の置き換えを目的に、1993 年(平成 5 年)にデビューした。
快速「みえ」キハ75形の大きな写真大きな写真
(2560×1447 ピクセル, 1711 Kbyte)
快速「みえ」キハ75形
2016年3月22日 富田駅 写真:こぱふぅ
JR 東海の特急用 キハ 85 形とローカル用キハ 11 形の中間に位置づけられる気動車である。キハ 85 形をベースに設計され、最高時速120km/h を実現した。
快速「みえ」キハ75形の大きな写真大きな写真
(2560×1494 ピクセル, 1535 Kbyte)
快速「みえ」キハ75形
2013年3月23日 名古屋駅 写真:こぱふぅ
基本は 2 両編成だが、1 両ずつ増強できる構造になっており、最大 10 両編成まで対応する。
冷房装置は駆動エンジン直結式ものを屋根上に 2 基搭載する。代替フロンを使用し、環境にも配慮している。
快速「みえ」キハ75形の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 728 Kbyte)
快速「みえ」キハ75形
2014年8月12日 鳥羽駅 写真:こぱふぅ
現在は、快速みえ(名古屋~鳥羽)、急行かすが(名古屋~奈良)、武豊線(名古屋~武豊)で活躍している。
快速「みえ」は名古屋車両区所属車の 2 両編成または 4 両編成で運転されている。
快速「みえ」キハ75形の大きな写真大きな写真
(2560×2008 ピクセル, 3621 Kbyte)
快速「みえ」キハ75形
2017年8月17日 多気駅 写真:こぱふぅ
外観は 311 系電車と同様、ステンレス製の車体に両開きの客用扉が片側 3箇所、オレンジ色の帯が 2 本となっている。
快速「みえ」キハ75形の大きな写真大きな写真
(2560×1799 ピクセル, 1662 Kbyte)
快速「みえ」キハ75形
2017年8月17日 桑名駅 写真:こぱふぅ
JR 東海の気動車として初めて電気連結器付き密着連結器が採用された。
快速「みえ」キハ75形の大きな写真大きな写真
(2560×1190 ピクセル, 1419 Kbyte)
快速「みえ」キハ75形
2017年8月17日 阿曽駅~伊勢柏崎駅間 写真:こぱふぅ
快速「みえ」キハ75形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2889 Kbyte)
キハ75形
2005年5月30日 名古屋駅 写真:パパぱふぅ
快速「みえ」キハ75形
2004年10月30日 名古屋駅 写真:パパぱふぅ

参考サイト

キハ75形 関連
(この項おわり)
header